サレジオ教会について

「江戸のサンタマリア」に捧げられた教会

碑文谷教会の小祭壇上にあるレプリカ。実物は東京国立博物館に収蔵

カトリック碑文谷教会は通称「サレジオ教会」と呼ばれていますように、カトリック東京大司教区からサレジオ会に委託された教会です。 サレジオ会とはキリスト教・カトリックの男子修道会です。 サレジオ会は19世紀にイタリアの司祭ヨハネ・ボスコによって設立されました。

聖ヨハネ・ボスコ(1815-1888)はドン・ボスコとも呼ばれ、産業革命の急激な進展とイタリア統一運動のさなかに殺伐としていたイタリア国内にあって誰からも相手にされない貧しい青少年の教育の必要性を痛感。 一人で青少年教育への取り組みを始めました。 やがて、ドン・ボスコのもとに教え子たちが集まって修道会が発足。 これがサレジオ会の起源です。

碑文谷教会は「江戸のサンタマリア」に捧げられた教会です。 江戸迫害時代の最後のキリシタン・バテレンであるシドッチ神父(後に江戸キリシタン屋敷で殉教)がイタリアから持ってこられた壁画がドルチ作の「親指のマリア」だといわれます。 その聖母に因んで「江戸のサンタマリア」に捧げられることになりました。聖母画のレプリカが聖堂横・入口の小祭壇上に掲げられています。 なお、献堂時イタリアの多くの方々のご厚意で、イタリア産の大理石の柱が何本も光沢をたたえています。

教会の歩み

1928年(昭和3年)
サレジオ会リナルディ総長はサレジオ会宣教師派遣50周単記念として日本への宣教師派 遣を決定し、団長にイタリア人のヴィンツェンツォ・チマッティ神父を任命する
1933年(昭和8年)
サレジオ会が東京に進出し、三河島教会を担当する
1934年(昭和9年)
4月1日 ローマにてドン・ボスコ列聖式が行われる
1935年(昭和10年)
大分・宮崎知牧区の初代教区長にチマッティ師が任命される
1937年12月(昭和13年)
サレジオ会日本管区が誕生する。準管区から昇格。初代管区長にチマッティ師が就任
1947年12月(昭和22年)
東京・目黒区碑文谷の土地をサレジオ会が購入する
1948年3月(昭和23年)
碑文谷にサレジオ会の司祭館が完成する
1948年7月(昭和23年)
碑文谷にサレジオ会員のルイジ・ダルフィオール神父が着任し、オラトリオ(日曜学校)が設置される。現在のカトリック碑文谷教会の礎となる
1949年(昭和24年)
碑文谷に聖堂が置かれる
1949年5月(昭和24年)
目黒サレジオ幼稚園が開園する。初代園長にダルフィオール師が就任する
1954年4月(昭和29年)
目黒星美学園小学校が開校する
1954年5月(昭和29年)
碑文谷教会現聖堂の落成式が行われる(駐日教皇庁使節フルステンベルグ大司教司式)
1967年10月(昭和42年)
碑文谷教会がカトリック東京大司教区の小教区となる(主任司祭・山頭原太郎神父)
1991年12月(平成3年)
チマッティ師、教皇ヨハネ・パウロ2世から「尊者」の称号を受ける
2009年12月18日(平成21年)
サレジオ会創立150周年を迎える
2015年(平成27年)
ドン・ボスコ生誕200年を祝う

歴代院長・主任司祭

ルイジ・ダルフィオール

1948.4.5-1956.3.21

目黒支部院長

1913.2.23生

1930.12.24来日

1939.3.21司祭叙階

2001.6.19帰天

アントニオ・コルッシ

1950-1954

碑文谷教会 初代院長補佐

1919.9.13生

1937.11.12来日

1948.1.31司祭叙階

2001.5.7イタリアにて帰天

マリオ・マレガ

1950-1974

碑文谷教会 初代院長補佐

1902.9.30生

1927.7.12司祭叙階

1929.12.14来日

1978.1.30イタリアにて帰天

レオネ・リビアベラ

1956.3.21-1962.4.12

目黒支部院長

1896.3.20生

1921.12.8司祭叙階

1926.2.8来日

1982.11.28帰天

ガストン・デュメ

1962.4.30-1967.4.5

目黒支部院長

1901.6.27生

1930.3.25司祭叙階

1931.7.12来日

1982.2.3帰天

ミカエル 山頭 原太郎

1967.10.6-1970.8.9

碑文谷教会主任

1924.6.3生

1953.7.1司祭叙階

現在、福岡教区

ルイジ・デルコル

1970.8.9-1978.4.5

碑文谷教会主任

1920.2.7生

1936.11.22来日

1946.12.21司祭叙階

1995.10.19帰天

ステファノ・デランジェラ

1978.4.5-1982.4.1

碑文谷教会主任

1920.10.23生

1937.11.22来日

1946.12.21司祭叙階

1999.1.31帰天

ステファノ 尾方 昭二

1982.4.1-1983.4.10

碑文谷教会主任

1927.3.31生

1960司祭叙階

2017.3.10帰天

ジョヴァンニ・ペトラッコ

1983.4.17-1993.4.25

碑文谷教会主任

1920.10.4生

1939.11.27来日

1948.12.21司祭叙階

2010.8.15帰天

バウチスタ・マッサ

1993.4.25-2000.4.22

碑文谷教会主任

1928.7.28生

1952.10.31来日

1956.12.22司祭叙階

現在、碑文谷教会協力司祭

アキレ・ロロピアナ

2000.4.30-2007.4.8

碑文谷教会主任

1944生

1966来日

1972司祭叙階

現在 碑文谷教会主任司祭

アロイジオ 小坂 正一郎

2007.4.8~2012.4.14

碑文谷教会主任

1934.1生

1962.12司祭叙階

現在、東京教区

ジャコモ・フェラーリ修道士

1955.7-1962.12

当教会の聖堂の天井画制作

1908.7.22生(ミラノ)

1935.9.12 誓願

1935.12.16 来日

1973.8.3 帰天

サレジオ会について

サレジオ会の歴史

サレジオ会(Salesians of Don Bosco S.D.B.)は、北イタリアのヨハネ・ボスコ神父によって 1859年に結成されたカトリック教会の修道会です。

1815年8月16日
ヨハネ(ジョヴァンニ)・ボスコ、イタリア・トリノ市郊外のベッキ村にて生誕。
1824年 「九歳の夢」
ヨハネ・ボスコは夢の中で、暴れていた子どもたちを柔和と愛で善に導くよう イエス・キリストから諭され、時が来ればすべてが分かると聖母マリアから予言された。これが、彼の司祭への道の原点となった。
1841年6月5日
ヨハネ・ボスコ、トリノ大司教により司祭叙階。 ドン(神父の意)・ボスコと呼ばれる。 ドン・ボスコは、イタリア・トリノを中心に活動した。産業革命の時代に厳しい環境での 労働を強いられ、身寄りもなく非行・悪行に走る青少年たちの姿に触れた。そのような実 情を見て、ドン・ボスコは彼らに深く同情し、弱い立場にある青少年の魂の救いのために 働くことを決意した。そして、職業訓練や教育を行う「オラトリオ」(のちのサレジオ日曜 学校やユースセンター)を創設し、粘り強く神の道へと導いていった。 さらにドン・ボスコは、青少年の救いのための活動を永続的に続けられるよう、自らの後 継者を育て、修道会の創設へ動いた。
1854年
のちの「サレジオ会」の最初の集会が行われる。
1859年12月18日
イタリア・トリノにてサレジオ会が創立される。修道会名は、ドン・ボスコが生まれた地域の聖人で、柔和と慈愛の人といわれる聖フランシスコ・サレジオ(1567年~1622年) にちなむ。
1871年
サレジオ会が聖座により正式に公認される。
1872年
姉妹修道会であるサレジアン・シスターズが創立される。
1875年
サレジオ会員がアルゼンチンに初めて派遣され、世界各地への宣教が始まる。
1888年1月31日
ドン・ボスコ帰天する。 72歳。彼の始めた青少年のための教育事業・社会事業は、 多くの協力者を得て全世界に広がっている。
1934年4月1日
ローマにてドン・ボスコが列聖される。

サレジオ会と学校

日本におけるサレジオ会関係の団体・教育機関についてご紹介します。
サレジオ会関係の教会
サレジオ会の神学院・養成機関

調布サレジオ神学院

四日市サレジオ志願院

サレジオ会の教育機関・社会福祉施設
児童福祉施設
その他のサレジオ会関連機関
サレジアン・ファミリー
その他

宣教協力体について

東京大司教区では「宣教協力体」として教区内の小教区を22のグループ(3~4の小教区が1つのグループ)に分け「小教区同士がこれまで以上に深い協力関係を築き、教会がより豊かに福音的使命を生きる態勢を作ること」を目指しています。

碑文谷教会は、田園調布教会(フランシスコ修道会担当)・上野毛教会(跣足カルメル修道会担当)とともに世田谷南宣教協力体として交流を深めています。